NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

実施報告:企業・NPO・大学のパートナーシップ支援事業「フジソン2019」を開催しました!

NPO・市民活動団体が企業や大学等と共に取組むことで、 それぞれの強みを生かし合い、地域の課題解決や価値の創造を 一歩前進させようと試みたイベントです。  今回は神奈川県との共催で、社会貢献活動を行う企業3社が、孤独死の予防や環境活動助成、お金のトラブル防止などの取り組みをより効果的にするため、参加者とアイデア出しを行いました。  当日はNPO・企業、教育関係者や行政職員の方など、多様な分野からお申し込みがあり、参加者41名と定員を拡充してご参加いただく大盛況の企画となりました。

内容

日時
2020年1月22日(水)14時~17時
会場
藤沢商工会館ミナパーク5階 502会議室A
内容
1.ごあいさつ
  2.事例紹介(企業とNPO
  (公社)フードバンクかながわ
  3.アイデア募集のプレゼンテーションタイム
  ①(株)ecomo
  ②(株)えにし
  ③SMBCコンシューマーファイナンス(株) 横浜お客様サービスプラザ
  4.みんなでアイデア出し&シェア
  ①アイデア出し
  ②グループイチ押しアイデアの発表
  ③登壇者のコメント
  ④総評
  5.交流タイム
  ①乾杯
  ②オープンマイク
  ・2018年度プレゼンターよりご報告:加藤 葉子さん(コドモクラス)
  ③歓談タイム(名刺交換)
  ④集合写真撮影
参加費
無料
対象
NPOや市民活動を行っている、または、これから行う方で、
   ・みんなが意見やアイデアを出しあえる会議にしたい方
   ・会議に新しいツールなどを導入して取り組みたい方
   ・話し合いの内容の整理方法を学びたい方
定員
30名(先着順)

開催内容・所感

 登壇企業各社は、それぞれ身近な地域にいるからこそ見えている課題に対し、何とか解決に向けて取り組んでいこうと、その想いの丈を5分間で語っていただきました。各参加者のバックグラウンドにある強みをどう活かせるか?、参加者の皆さん、自分ごととしてその課題を捉え、どういうアイデアを出すと、深刻になりすぎず、楽しみにながら取り組めるのか?を考えている様子が非常に印象的でした。 今後、どのようなコラボが生まれるのか、期待するとともに、そのコーディネートを行っていかれればと思います。

当日の実施内容

【登壇者のテーマ】

1.ecomoの助成活動を知ってもらいたい!(株式会社ecomo)

2.孤独死を減らしたい(株式会社えにし)

3.金融経済教育セミナーを一方向に実施するだけはなく、お互いの強みを活かして協働し、地域課題の解決に取組みたい(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 横浜お客様サービスプラザ)

【各グループから上がったイチ押しのアイデア】 下記A~Eの5グループに分かれて、アイデア出しを実施。 各グループにファシリテーター1名および、登壇企業社員を各1名(Aグループのみ2名)を配置し、プレゼンを聞いて、参加者自身が関心のあるテーマに分かれていただきました。そこで挙がってきたアイデアのうち、各グループがイチ押しのアイデアが下記の通りです。

A:銭湯でセミナー

B :冥途カフェ(昼飲み、カラオケ、廃車ぶつけ大会、棺に入る・遺影を撮る)

C:選考をオープンに!選考委員会を設ける、推進センターが周知や審査に関わるなど

D:子どもの夢を応援します! レストランで寄附、報告会の開催

E:さんずカフェ(グリーフケアイベント、送迎付き、お坊さんなど専門家のお話を聞く)※「三途」と「Sun`s」を掛けた言葉

当日の様子

web200122フジソン_122.jpg  web200122フジソン_74.jpg