NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

実施報告:マネジメント講座「グッとくるPR」第2回を開催しました

秋はイベントの季節。イベント開催のお知らせをすることも多くなりますが、今回の講座では、イベントに限らず、伝えたい相手に伝わるPR(広報)のコツを学び合う講座です。

内容

日時
2019年9月21日(土)10時00分~12時30分
会場
藤沢市市民活動推進センター会議室A
内容
①イベント時の広報プランをつくろう
②イベント時の広報プランづくり
③イベント時の広報の振り返り方法とツール
④共有:「いいね!」&「改善点」
⑤藤沢市民が選ぶGood NPO大賞
受講料
お一人2回で1,000円(資料代として)
対象
NPO・市民活動・地域活動に関わっている方
定員
20名(先着順)
講師
有川 真理子氏(サステナブルPRプランナー)

開催内容・所感

 2回目の本日は、何といっても、受講する各団体の皆さんの1分プレゼンがお楽しみポイントでした。 また、前回から「湘南太郎」さんというペルソナが設定されていたため、この場に集う全員が、共通認識を持って取り組めたことも、全体の統一感が生まれ、非常によい雰囲気で実施できたように感じます。

◆講義のポイント

・企画書とチラシがどのように連動しているのか?を確認する。

・絵になるものを仕込む

・「イベント広報秘伝のタレ」:焼き鳥屋の秘伝のタレのごとく、注ぎ足していくことで味に深みを出すように、広報リストの作成などを準備しておくことが、イベント広報の秘訣であるという。 広報先の一覧表があることでボランティアや他のスタッフに頼みやすくなることも、ポイントの1つであることがうかがえました。

・また、振り返りの大切さやふりかえりに活用できるツールのご紹介があった後、受講者からは、「ふりかえりの際に、アンケートの集計結果の分析ができていない」や、「アンケートの感想をウェブサイトに掲載するのは個人情報にひっかかる?ウェブに掲載することを記載すると、自由に書いてもらえなくなってしまわないか、不安だ」とのお話もあり、全体での話が深まりました。

そして、本日のメインイベントである、架空の賞である「藤沢Good NPO大賞」での100万円をかけた、1分間のプレゼンテーションのお時間です。 皆さん、来訪時からドキドキしているようでしたが、個性あふれる発表があり、なかでもパソコンの音声での発表をされた方は、高齢者や様々な状況で話ができない方が想いを伝えるツールとして活用できる旨をお話しすると、「なるほど!」とのお声がありました。

また、プレゼン後には以下の感想がありました。

・強弱をつけるのが難しい。

・練習では3分になってしまい、どこを削っていいのか分からず。また時間が気になり、早口になってしまった。

・練習とは違い、前に立った瞬間、頭が真っ白になってしまって、いつも話していたことができなかった。

・イベント時に毎回1分間で伝える機会があるが、誰に伝えたらいいのか、をきちんと考えるようにしたい。

今回は、「学び合い」を大切にしていることから、お互いに、「いいね!」と思った点と、もう少しこうしたらいいのでは、という「改善点」の2点についてフィードバックする時間を設けました。

その後の講評では、「つかみが大事」であること。また、身ぶりや伝えたいという強い思いが表現されているか、また、100万円の使途についての説明があったか、などをお話しさせていただきました。

最後の講義では、「エレベータートークのコツ」にて、1分間に何字で話すと良いのか、アイコンタクトや間の取り方などのポイントをご説明いただいたのち、やはり、「実践が大事」であり、場数を少しでも多く踏んでいくことで自分のやり方が見えてくるのではないか、とのことでした。

2回ともに大変楽しい雰囲気の中で実施することができました。また、受講者の満足度の高い講座ができたのも、講師である有川さんが受講者の声に真摯に対応していただいたことや、受講者の皆さまの積極的な姿勢が相まってつくられた雰囲気のおかげなのではないか、と感じました。

受講された各団体の皆さまが、今後、どのように実践していかれるのか、期待に胸が膨らんでいます。

当日の様子

pr21.jpgpr23.jpg
pr24.jpgpr22.png

アンケート結果

回答数:7

Q1今回の講座の内容は、あなたの期待を5点満点とした場合、何点でしたか?

Q2上記1.の点数をさらに高めるには、どの部分をどのように改善すればよいか、ご記入をお願いします。

Q3講座の内容の理解度を5点満点とした場合、何点でしたか?

平均:4.7点(1~5点で評価)
②また、どの内容をより深めたいか、その内容と理由をご記入ください。

Q4団体の活動分野とあなたの役職を教えてください。(それぞれ1つに〇をつけてください)

Q5あなたと同じ団体の方に「講座で学んでほしいテーマ」は何ですか?(複数回答可)

A.ボランティアのマネジメント  B.人材育成・採用  C.組織評価  D.理事会の活用  E.事業計画の立て方 F.事業開発  G.事業評価  H.会員の拡大の手法  I.成果を生む会議の開き方  J.情報の活用  K.企業との協働  L.行政との協働  M.政策づくりの方法   N.その他

Q6講座に参加しやすい曜日および時間帯について第1希望から第3希望まで〇をつけてください。

月・火・水・木・金・土・日 (時間帯: 午前 ・午後 ・夜間 ・その他)

Q7講師や講座へのご質問、ご意見等ございましたらご記入ください。