NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

実施報告:マネジメント講座「グッとくるPR」第1回を開催しました

秋はイベントの季節。イベント開催のお知らせをすることも多くなりますが、今回の講座では、イベントに限らず、伝えたい相手に伝わるPR(広報)のコツを学び合う講座です。

内容

日時
2019年9月7日(水)10時00分~12時30分
会場
藤沢市市民活動推進センター会議室B
内容
①PRとは
②相手に合わせて魅力的に
③相手に合わせて魅力的に思ってもらうコツ
④市民活動推進センター・市民活動プラザむつあいで活用できる媒体の紹介
受講料
お一人2回で1,000円(資料代として)
対象
NPO・市民活動・地域活動に関わっている方
定員
20名(先着順)
講師
有川 真理子氏(サステナブルPRプランナー)

開催内容・所感

はじめに、アイスブレイキングでは、声を出さずに誕生日順に一列に並ぶ、「ラインアップ」を行いました。そのまま輪になって、最後に誕生日の答え合わせをすると全員正解!思わず、拍手と笑顔がこぼれていました。

自己紹介とこの講座の参加動機を1人ずつお話しいただき、想いを共有すると、その後も、話が盛り上がり、とても楽しい雰囲気となり講座に突入することがっできたようです。

◆講義&ワークショップ

まず始めに、「広報・PR」とは、宣伝とは異なり、「良い関係を築くためのツール」であること。また、伝える相手を明確にするために、各団体にとってのステークホルダー(利害関係者)とは誰か?を洗い出すワークを行い、 見える化する機会となりました。

また、「自分自身」が一番大事な媒体であること。その人を通して、活動が見せられること。さらに、自分が媒体だと毎日できる、というメリットを挙げていらっしゃいました。

後半は、宿題の団体紹介文を、予め設定していた「湘南太郎」さんという架空の人物に対して、どのように伝えるのか?、200字以内で書いた文章を掲示し、「湘南太郎」さんの場合、どの団体に行ってみたいか、参加者全員で投票しました。

上位2位の団体の方に、どのように団体紹介文を作成したか、伺ったところ、1つは、「湘南太郎さんのマインドマップをつくり、団体との共通項を探してポイントを書いていった。」とのこと。講師の有川氏からは、「何に取り組むのかが、明確に打ち出されている。また、『自分の学びや成長の場として』という一文に期待感があるところが、グッとくるポイント」との講評がありました。

このように、マーケティングの手法の1つである、「ペルソナ」を設定することで、団体の中で、どのような人に向けて伝えていきたいのか、ある企業の事例を紹介しながら、共通認識が持って取り組むための工夫の仕方などについてお話いただきました。

当日の様子

pr2.jpg pr1.jpg

アンケート結果

回答数:7

Q1この講座を何で知りましたか(複数回答)

Q2受講された動機をお答えください

Q3受講されていかがでしたか。

平均:5点(1~5点で評価)
 理由:(一部抜粋、()内は点数)

Q4どの程度理解できましたか。

平均:4.7点(1~5点で評価)

Q5受講内容は、活動に役立ちますか

平均:5点(1~5点で評価)
 理由:(()内は点数)

Q6「NPO講座」への参加は、本日で何度目くらいですか。(○はひとつ)

Q7市民活動推進センターの来館回数を教えてください。

Q7講師や講座へのご質問、ご意見等ございましたらご記入ください