NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

実施報告:マネジメント講座「フジサワNPO会計ゼミ」第3回を開催しました

2019年7月24日(水)推進センター会議室A内にて、NPOマネジメント講座「フジサワNPO会計ゼミ」の第3回を開催いたしました!

今回は3回連続講座の最終回で、活動計算書についてや、NPO法人に関わる税金について学びました。

内容

日時
2019年7月17日(水)14時00分~16時00分
会場
藤沢市市民活動推進センター会議室A
内容
決算に必要な準備「活動計算書のつくり方」「NPOに必要な税金を知る」
受講料
3回で3,000円(1回あたり1,000円、資料代として)
対象
NPO・市民活動団体の会計担当者、事務局長、会計担当理事、NPOの会計に関心のある方
定員
15名(先着順)
講師
高橋 浩二氏(税理士・NPO法人税理士による公益活動サポートセンター)

開催内容・所感

7月24日(水)は、3回連続講座の最終回でした。現金管理の方法・帳票や、実際のNPO会計で使う勘定科目や仕訳について学びました。

まず、導入として前回の振り返りを行い、ご説明が不十分であった複式簿記の部分について補足の説明をしました。NPO会計基準は複式簿記であるため、前提となるやり方を再確認するためです。

次いで、活動計算書について解説しました。活動計算書が示すのは1年間の活動の費用的内訳です。活動計算書は活動の種類ごと、団体の管理にかかる費用に焦点があたるため、「活動」計算書であること、多くのNPO法人が使っていた収支計算書では不十分である理由について説明しました。

後半では、NPOに関わる税金について説明しました。特に源泉徴収は法人規模に関わらず対応する必要がある場合がほとんどのため、実際の記入表の書き方もあわせてお伝えしました。源泉以外にも法人税、住民税、消費税など、NPOにかかる税金について、減免の条件や一般的な手続きの解説を行いました。

3回の講座で基礎知識、実作業、決算とNPO会計の一連の流れをお伝えしました。ご参加された皆様の活動の一助になれば幸いです。

当日の様子

zemi3_1.jpg zemi3_2.jpg

アンケート結果

回答数:8

Q1受講されていかがでしたか。

平均:4.5点(1~5点で評価)
 理由:(一部抜粋、()内は点数)

Q2どの程度理解できましたか。

平均:3.75点(1~5点で評価)

Q3受講内容は、活動に役立ちますか

平均:4.625点(1~5点で評価)
 理由:(()内は点数)

Q4講師や講座へのご質問、ご意見等ございましたらご記入ください