NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

NPOマネジメント講座「事業報告書の作成に向けた“自己チェック!” 〜強みと弱みを知ろう」実施報告

2019年1月31日、藤沢市市民活動推進センター会議室AにてNPOマネジメント講座「事業報告書の作成に向けた“自己チェック!”〜強みと弱みを知ろう」を開催いたしました。

開催概要

タイトル
事業報告書の作成に向けた“自己チェック!”〜強みと弱みを知ろう
開催日時
2019年1月31日(水)18:00~20:00
参加者数
5名
講師
手塚明美氏(認定NPO法人藤沢市民活動推進機構 副理事長・事務局長)
jikocheck1.jpg

開催内容・所感

今回、休眠預金活用法の施行や、社会的インパクト評価など、NPO・市民活動団体を取り巻く環境が変化してきています。また、年度末に向けて報告を作成する時期を迎えると同時に、組織としての在り様を振り返り、確認する機会でもあります。 そこで、今回、「事業報告書の作成に向けた“自己チェック!”〜強みと弱みを知ろう」と題し、報告書作成のコツに関する講義や、試作版の「自己診断シート」を活用したワーク等を実施しました。
講座の内容は以下の通りです。  組織診断を行うことで、信頼度を高める機会となること、また、報告を行う理由としては、内部の共有と外部への発信の2つの要素があること、また、団体の定款や規約に何が書かれているのか、を知ることで組織の在り様を理解することができる、という旨のお話がありました。  最後に、報告書は、まずは1つの宝箱に記録を残しておき、そこから相手が求める情報をひき出すことが大切であること、また、既存のアイデアを組み合わせることで、新たなアイデアが生まれるという、「企画書や計画書は報告書の裏返し」である、というお話で締め括りました。 jikocheck2.jpg

<主な内容>

1.想いが伝わる報告書

2.組織診断に挑戦

3.事業報告書のコツ                        

今回、初めてお披露目した、試作版の「自己診断シート」にチャレンジしていただきましたが、このシートを団体内で複数のメンバーで取り組むことで、同じゴールを目指していたとしても、実はお互いに見えているところが異なる場合もあるかもしれません。その際の話し合いのネタとして活用していただけるように、さらに良いものを今後お届けできたら幸いです。

アンケート結果

回答数:3

Q1この講座を何で知りましたか(複数回答)

Q2受講された動機をお答えください

Q3今回のセミナーは、5点満点とした場合、何点でしたか。

平均:4.3点(1~5点で評価)

Q4どの程度理解できましたか

平均:4.3点(1~5点で評価)

Q5受講内容を今後、どの様な場面で活かしていく予定ですか。

Q6今まで団体で、評価または自己診断を行った経験はありますか

Q7今後、受講したい講座やご意見等ございましたら、ご記入ください。