NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

実施報告:チラシ大賞2015

「チラシ大賞2015発表・表彰式」を以下の通り行いましたので報告します。

概要

講座名
「チラシ大賞2015発表・表彰式」
日時
2015年12月12日(土)16:10~16:30(推進センタークリスマス交流会内)
場所
藤沢市市民活動推進センター
応募総数
38作品(単色部門:21作品、カラー部門:17作品)
審査員
塚本 正樹氏(共同PR株式会社)、田所 勝彦氏(MR企画株式会社)

受賞作品・講評

<カラー部門>(2作品)

入賞
旧近藤邸を守る会
旧近藤邸を守る会.jpg

インパクトのある写真を上手く活用している。また、写真上の文字に見づらくならないような工夫がみえる。 ただし、文字が読みづらいところが少しある。また、写真と文字の箇所については、日付から分けたほうが「写真・イメージ訴求」と「用件」の区切りがわかり易くなる。


入賞
シネコヤ
シネコヤ①.jpgシネコヤ②.jpgシネコヤ③.jpg

毎回同じフォーマットを使って見せていることで、このチラシは「シネコヤ」ということがわかる。また時間短縮にも繋がり、どんどん洗練させていくことができる。 改善点としては、表裏一体ではあるが、テンプレを使うことで型にはまりやすい。その映画にそぐわない場合もあるため、文字や写真の置き方を微調整すると良い。



<単色部門>(4作品)

入賞
筆記通訳サークルふじさわ
筆記通訳サークルふじさわ.jpg

パソコンで作られるチラシが多い中、全て手書きのチラシはとても目立つ。また、丁寧・きれいに内容がまとまっている。 ただし、「要約筆記とは何か?」と「体験会についてのお知らせ」、どちらの内容を主に伝えたいのか一つに絞ったほうが、訴求効果が望める。


入賞
ハーモニーインターナショナル
ハーモニーインターナショナル.jpg

まとまったチラシが多い中、色々な写真を盛り込み「ああじゃない、こうじゃない」と試行錯誤している様子がみえた。 写真を使って何を言いたいのか、また、写真・下部右・下部左のデザインの統一を考えるとさらに良くなる。


入賞
秘密保護法廃止をめざす藤沢の会
秘密保護法廃止をめざす藤沢の会.jpg

タイトル・日時・場所・講師の紹介など、伝えるべき内容がわかりやすく整理されている。 ただ、整理されすぎて企画書のように見えてしまい、面白みやインパクトが少ない。また文字が小さい箇所もあるので工夫すると良い。


入賞
藤沢市せっけん推進協議会
藤沢市せっけん推進協議会2015.jpg

非常に良くまとまっている。いつ、どこで、どんなことをやるのか、ということが一目で分かる。アドバイスとしては、イラストやキャッチコピーを入れるなど、イベントに来てもらえるよう、人を動かす工夫を考えてみると良い。


総評(審査員 田所 勝彦氏)
 ここ数年、チラシのクオリティが上り、選ぶことが難しくなってきました。 皆さんに伝えたいことは、チラシに正解や正しいものはないということです。大事な点は「誰に何をして欲しいのか」を考え、どのように訴えるべきか、必要な情報は何か、を筋道立てて考えることです。予算や時間には制限がありますが、アイディアは尽きないので、それをチラシに盛り込んでいってほしいと思います。

内容・担当所感

2015年度チラシ大賞は、応募総数38作品(内、単色部門21作品、カラー部門17作品)のうち、カラー部門2作品、単色部門4作品を入賞作品として選びました。 チラシ大賞を実施したクリスマス交流会のアンケート結果には、「今後のチラシづくりに活かしたい」「参考になった」といった声があった一方「少しマンネリ化してきたかなと思います」といった声もありました。交流会参加者にとって、持ち帰るものがあることに加え、例年通りの内容にならないよう、来年度に向けて工夫を凝らしていきたいと思います。

関連

実施報告:チラシ大賞2014

チラシ大賞2014受賞作品発表!