NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

実施報告:10/22(木)NPOマネジメント講座「市民活動をはじめよう! ーNPO概論ー」

2015年10月22日19:00~21:00、藤沢市市民活動推進センター会議室Aにて、NPOマネジメント講座「市民活動をはじめよう!-NPO概論-」を開催いたしました。

講座概要

タイトル
市民活動をはじめよう! ーNPO概論ー
開催日時
2015年10月22日 19:00~21:00
開催場所
藤沢市市民活動推進センター会議室A
参加人数
14名(一般参加者13名、サポーター1名)
講 師 
手塚明美認定NPO法人藤沢市市民活動推進連絡会 理事・事務局長

内容・所感

本講座は、「市民活動・NPOとは何か?」といった基本的な知識や、「活動を始めるにあたっての考え方」等を学ぶ目的で開催しました。当日の内容は以下の通りです。

今回の講座は、これから市民活動を始めたい方や、NPOに関して理解を深めたい方向けに、市民活動の概要や概念を提供すべく開催しました。
 冒頭、「行政ですべて解決した時代が長く続いてきたが、それ以前の江戸時代には、ものやつながりを大切にしていたエコでボランタリーな社会があった。もともと自分たちで自分たちの生活を支えていた共助の気持ちを、公共サービスだけでは社会課題が解決できなくなった今、自分たちの中で持ってもらえたら嬉しい。」との話があり、社会の変化と市民活動がどのように展開されてきたのか、その歴史から学びました。


その後、株式会社や自治会など、様々な組織がある中で、NPOがどこに位置づけられるのかを確認しました。NPO、そしてNPO法人とは何か、その違いや特徴、法人格取得の要件などの解説がありました。その中で、「非営利」とは具体的にどういうことか、株式会社とNPO法人のお金の流れを比較しながら学びました。NPO法人の設立手続きの中には、書類の一部が国民に2ヶ月間公開され、市民の目から点検できる仕組みがあります。それにより公益性を担保しているというNPO法人の特徴も学びました。


市民活動には、個人でボランティアをする、チームや組織として活動する、法人として活動するなど様々な形があります。どれが良い、悪いはなく、自分に合ったスタイルで関わって頂ければとのことです。


内閣府が出している世論調査では、社会への貢献意識は約70%と高いのに対し、「NPO法人の活動に参加したいと思うか」という問に対して「そう思う」と回答した人は17.5%という現状があります。「家に面した道路を半分までではなく向こう側まで掃く、そうした少しの変化でも世の中は変わる。何か問題に気づいたら調べる、そして自分に合ったスタイルで動いてみる。今日と少しでも違う明日を向かえるために、半歩でも前に進んでいきましょう。」というメッセージで講座が締めくくられました。


質疑応答の時間には、「助成金」や「NPO法人で働くスタッフの給与基準」に関して、また「より多くの人がNPOに参加するためにはどうすべきか」という質問が挙がりました。アンケートの結果を見ると、「NPO、NPO法人、任意団体の違いを区別できた」「今まで分からなかった部分がだいぶクリアになりました」「具体例や数字や図があってわかりやすかった」「自分に出来る何かを、今日よりよい明日を目指して頑張ります」といった声がありました。

アンケート結果(回収:14件)

Q1この講座を何で知りましたか(複数回答)

Q2受講された動機をお答えください

(一部抜粋)

Q3受講していかがでしたか

平均:4.43点(1~5点で評価)
 理由:(一部抜粋、()内は点数)

Q4どの程度理解できましたか

平均:4.10点(1~5点で評価)
 理由:(一部抜粋、()内は点数)

Q5受講内容は、活動に役立ちますか

平均:4.08点(1~5点で評価)
 理由:(一部抜粋、()内は満足度点数)

Q6今後、受講したい講座やご意見等ございましたら、ご記入ください。

Q7これまでのマネジメント講座受講回数

当日の様子

20151022management_img01.png 20151022management_img02.png

以上 平成27年10月28日