NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

実施報告:NPOマネジメント講座「市民活動団体のための会計入門」

2015年9月18日19:00~21:00、藤沢市市民活動推進センター会議室Aにて、NPOマネジメント講座「市民活動団体のための会計入門」を開催いたしました。

本講座は、会計の基本的な考え方や、収入・支出、領収書・伝票の管理など、会計事務の流れを学び、自団体の会計処理に役立ててもらうことを目的に開催しました。

講師は、認定NPO法人藤沢市市民活動推進連絡会 理事・事務局長の手塚明美です。当日の内容は以下の通りです。

講座概要

講座名 
市民活動団体のための会計入門
日時  
2015年9月18日(金)19:00~21:00
場所  
藤沢市市民活動推進センター会議室A
講師  
認定NPO法人 藤沢市市民活動推進連絡会 理事・事務局長 手塚明美
参加人数
13名(内、センター職員・サポーター2名

講座内容

まず、「市民活動団体の運営の基本」についての話から始まりました。総会や委員会での議事録、事務処理の決まりは、文字にして残すことが重要です。それにより、活動の方針や計画を決定する会員と、それを実行する役員が、積極的に団体の運営に関わることができます。会計に関しても、決まりごとを書面に残すことで、新たに加わった人にも伝わり、各団体の会計ルールができていきます。

お金の管理や記録、会計書類に関しては、ルールやコツの解説に加え、実際の事例(NPO法人藤沢市市民活動推進連絡会で使っている通帳や領収書など)を提示しながら、伝票の整理や記録方法の解説を行いました。

また、「正確で安全なお金の管理を確認すること」にとどまらない「会計監査の役割」についても解説がありました。

その後、会計事務の流れについて話がありました。引継ぎ、日々の管理、決算報告書、会計監査、総会という流れの中でも、「引継ぎの際に前任者が課題に感じた点を聞くこと」「日々の管理は、ある一定の期間(月毎、4半期など)を決めて集計すること」が重要です。

そのほか、会計の科目や備品管理、帳簿の記入についても触れられました。

最後に講座内で出てきた様々な会計処理のポイントを再度確認した後、受講者から事前に聞いていた「特に知りたいこと」に関して講師から説明がなされ、講座は終了となりました。アンケートの結果を見ると、「実務についての話は参考になりました」「教育体制がないので、がむしゃらにこなして来ましたが、今回初めて理解出来たものもあり、今後の処理の助けとなりそうです」といった声があり、満足度の高い講座となりました。

当センターでは、会計をはじめ、様々な分野の専門家によるアドバイザー制度があります。何か困ったことがあればご相談ください。

アンケート結果

Q1この講座を何で知りましたか(複数回答)

Q2受講された動機をお答えください

(一部抜粋)

Q3受講していかがでしたか

平均:4.50点(1~5点で評価)
 理由:(一部抜粋、()内は点数)

Q4どの程度理解できましたか

平均:3.8点(1~5点で評価)
 理由:(一部抜粋、()内は点数)

Q5受講内容は、活動に役立ちますか

平均:4.25点(1~5点で評価)
 理由:(一部抜粋、()内は満足度点数)

Q6今後、受講したい講座やご意見等ございましたら、ご記入ください。

Q7これまでの来館回数

Q8これまでのマネジメント講座受講回数

当日の様子

201510NPOmanagement_img01.png 201510NPOmanagement_img02.png 201510NPOmanagement_img03.png