NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

実施報告:第36回NPO交流サロン「ふじさわの魅力、再発見!」

2015年7月12日(日)13:30~16:00まで、フジサワ名店ビル6階Cホールにて「ふじさわの魅力、再発見!」を実施しました。
 今回のNPO交流サロンは、藤沢で魅力発信を行う団体同士がつながることや、市民の方が市民活動団体の活動を知ることで、地域を活性化に寄与する目的で開催しました。

イベント概要

イベント名
第36回NPO交流サロン「ふじさわの魅力、再発見!」
日時
2015年7月12日(日)13:30~16:00
場所
フジサワ名店ビル6階Cホール
参加人数
30名(一般参加者:15名、団体関係者:3名、サポーター8名、スタッフ4名)

開催内容・所感

まず、地域の魅力を発信する団体、「旧東海道藤沢宿まちそだて隊」、「ツクリツクラレ」、「NPO法人地域魅力」をゲストに呼び、お話いただきました。旧東海道藤沢宿まちそだて隊は、宿場町として歴史のある藤沢の魅力についての紹介、ツクリツクラレは市外から引っ越してきた方が藤沢をどのように感じ、知り、魅力を発信しているかの紹介をしました。また地域魅力には藤沢の地域資源とネットワークを活かした活動の紹介をしていただきました。

団体毎に、「歴史ある街」「新しく発見した魅力」「既に存在する魅力を更に魅力にする活動」と、藤沢の良いところのバリエーションが豊かなことがわかる発表となりました。
 その後、参加者とサポーターで「藤沢のよくないところを良くするには?」というテーマでワークショップを実施しました。ワークショップ開始序盤から各テーブルはとても盛り上がっていました。みなさん藤沢のことが好きなため、話が止まらず時間内で内容をまとめるのが難しそうなテーブルもありました。

各グループで出てきた内容は「藤沢の魅力を伝えるため、一人ひとり、藤沢のPR本を作成する」「藤沢の北部も魅力が一杯あることを伝える藤沢南北マラソンを開催する」「みんなが知らない藤沢の情報を共有する紙面を作る」などと、様々なアイディアが出てきました。各テーブルで出てきた意見を発表していただいた際、他のテーブルやゲストの団体さんから「いろんな意見があるのだな」という感想をいただいたのが印象的でした。

ワークショップ後は15分ほど交流時間をとりました。各テーブルで話し足りないことや、団体さんへの質問等で話が盛り上がり、盛会のうちにイベントを終了しました。

所感
 今回の交流サロンでは前回に引き続きワークショップを実施し、テーマに沿って交流を深めました。ワークショップは参加者同士で藤沢に関する情報を共有・交換することで市民活動へさらに興味を抱いてもらう目的と、ワークショップで出てきた内容を団体に持ち帰ってもらい、今後の活動の参考にしてもらいたい目的で実施いたしました。

またアンケートより、「世代を越え、同じテーマで話すことが興味深かった」という内容が複数ありました。団体の皆様はもちろん市民の方同士の交流も見られ、とても効果的なイベントとなりました。
 市民活動の魅力を知ってもらうこと、団体と団体をつなげ新しい活動を作る機会となること、企画運営をするサポーターが成長すること、3つの目標を掲げ、今後もNPO交流サロンを続けていきたいと思います。

当日の様子

201507_salonimg1.JPG 201507_salonimg2.JPG 201507_salonimg3.JPG 201507_salonimg4.JPG

アンケート結果(回収:12件)

 このイベントを何で知りましたか(複数回答)

 参加された動機をお答えください

 参加されていかがでしたか(平均4.36/5.0点)

  理由

 各団体のプレゼンはいかがでしたか

 旧東海道藤沢宿まちそだて隊(平均4.1点/5.0点)
  理由
 ツクリツクラレ(平均4.4点/5.0点)
  理由
 地域魅力(平均4.55点/5.0点)
  理由

 ワークショップはいかがでしたか(平均4.41点/5.0点)

  理由

 ご意見等ございましたらご記入ください

 交流サロンへの参加回数を教えてください

関連