NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

実施報告:第35回交流サロン「NPO交流サロン 善行の底ヂカラ、発見!~まちの魅力をPick Up~」

2015年3月15日(日)13:30~16:00まで、善行公民館第2談話室にて「善行の底ヂカラ、発見!〜まちの魅力Pick Up〜」を実施しました。今回のサロンは、善行地域で活動する団体同士をつなげることと、市民の方が市民活動団体の活動を知ることで、地域を活性化に寄与する目的で開催しました。

イベント概要

イベント名
第35回NPO交流サロン「善行の底ヂカラ、発見〜まちの魅力Pick Up〜」
日時
2015年 3月15日(日)13:30~16:00
場所
善行公民館第2談話室
参加人数
27人(サポーター7人、一般参加者10人、スタッフ2人、見学2人、団体関係者6人)

開催内容・所感

まず、善行で活動するNPO「さんわーく かぐや」、「湘南写真クラブ」、「だがしや楽校@善行」をゲストに呼び、お話いただきました。それぞれ活動分野の異なる団体で、善行地域での市民活動の幅広さを実感する内容となりました。
 その後、参加者とサポーターで「3団体がコラボするイベントを考える」というテーマでワークショップを実施。初めてワークショップを体験する方もいたため、最初は戸惑っていた様子でしたが、ワークショップ終盤には各テーブルからたくさんの話し声を聞くことができました。
 各グループで出てきたイベントは「子どもをターゲットにしたワークショップ」「文化祭のようにみんなが楽しむイベント」「子どもたちが撮った写真で優れたものを選び表彰するイベント」と、様々なアイディアが出てきました。各テーブルで出てきた意見を発表していただいた際、他のテーブルやゲストの団体さんから「いろんな意見があるのだな」という感想をいただいたのが印象的でした。
 ワークショップ後は15分ほど交流時間をとりました。各テーブルで話し足りないことや、団体さんへの質問等で話が盛り上がり、盛会のうちにイベントを終了しました。

 所感
 今回の交流サロンではワークショップの実施と、「地域というカテゴリは同じだけれども、活動している分野は異なる団体を呼ぶ」という今までにない試みで開催しました。
 ワークショップは参加者の方が団体の感想をアウトプットすることにより、団体の理解を深め、市民活動へさらに興味を抱いてもらう目的と、ワークショップで出てきた内容を団体に持ち帰ってもらい、今後の活動の参考にしてもらいたい目的で実施いたしました。結果、想定以上の意見が出てきて、とても有意義な内容となりました。
 市民活動の魅力を知ってもらうこと、団体と団体をつなげ新しい活動を作る機会となること、企画運営をするサポーターが成長すること、3つの目標を掲げ、今後も交流サロンを続けていきたいと思います。

当日の様子

salon201503_web1.png salon201503_web2.png salon201503_web3.png salon201503_web4.png

アンケート結果(一部抜粋)

 このイベントを何で知りましたか(複数回答)

 参加された動機をお答えください

 参加されていかがでしたか(平均4.4/5.0点)

  理由

 各団体のプレゼンはいかがでしたか

 さんわーく かぐや(平均4.64点/5.0点)
  理由
 湘南写真クラブ(平均4.36点/5.0点)
  理由
 だがしや楽校@善行(平均4.62点/5.0点)
  理由

ワークショップはいかがでしたか(平均4.12点/5.0点)

  理由

 今後参加したいテーマ

 交流サロンへの参加回数を教えてください

 ご意見

関連