NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

第40回藤沢市民まつりに出店しました

2013年9月28日(土)、29日(日)の第40回藤沢市民まつりのサンパール広場(協賛ブース)に「藤沢市市民電子会議室(愛称:こみゅっと藤沢)」との共催でブースを出店しました。

ブース内では「プチ東北復興物産市」、「あなたの街のボランティア案内所」、「オリジナルカレンダー作り」、ブース外では推進センターを紹介する冊子・チラシや、こみゅっと藤沢を紹介する冊子・チラシ等を同封した「クリアファイルセット」を配布し、ブース来場者や通行人へのPRを行いました。また、特別ゲストとして藤沢市のマスコットキャラクター「カワセミくん」が応援に来て、ブースを盛り上げてくれました。

「あなたの街のボランティア案内所」では、ボランティア情報誌「VOLUNTEERS」に掲載されている地域のボランティア情報を、パネルにして分野別に展示しました。足を止めて興味深く眺める方や、詳細を聞きたいということで、ボランティア相談員に質問をされる方等いらっしゃいました。

オリジナルカレンダー作りでは、センターのITサポートチームのメンバーが中心に行いました。写真を撮影した後、用紙に印刷をすることで、オリジナルカレンダーを作るというもので、特にカワセミくんが応援に来た際には、途切れることがなく盛況でした。

2日間とも大変な賑わいで、ブースには多くの方にお立ち寄りいただき、食品類は全て完売しました。福島から届いた雑貨・アクセサリー類も好評でした。ただ単に商品を販売するのではなく、団体や生産者の背景・ストーリーをお話しすることで、復興に向け尽力している被災地のいまを発信することが出来たかと思います。今後も引き続き東日本大震災の被災地で活動する団体の紹介等を行っていく予定です。

お立ち寄りいただいた皆さん、ありがとうございました。

「プチ東北復興物産市」協力団体

任意団体Peach Heart

福島県在住・福島県出身(避難中も含む)の若い女性達が、「自分らしく」生きるために本音で話し合える・つながる場作りを目指して立ち上げた団体です。今回は、福島の名産である「桃」をモチーフにしたオリジナルピンバッジや、オリジナルマスクを販売しました。

女子の暮らしの研究所

「震災・原発事故後の福島をどう生きるのか」。福島の女性達が“暮らし”について研究・情報発信をする「女子の暮らしの研究所」。今回は、会津木綿を使った「ふくいろピアス」を販売しました。8つの「いろ」には福島で暮らす女性達の想い・ストーリーがこめられています。

NPO法人がんばッと!!玉浦

宮城県岩沼市の地元方たちが立ち上げた団体で、地域の復興や農業を通したまちづくりに取り組んでいます。今回は、被災した田んぼで収穫された特別栽培米のひとめぼれ「がんばッと米(1kg)」 の新米を販売しました。

株式会社クオリティコネクト

日本中の「良い物」を、生産者の想いと共に消費者へ届ける株式会社クオリティコネクト。現在湘南エリアのイベントなどに出店し、東日本大震災の被災地域で作られた水産加工品等を販売しています。今回は同社の協力のもと「こいわかめ」、木の屋石巻水産 の缶詰、乾物類等を販売しました。

藤沢市市民電子会議室(共催団体)紹介

藤沢市と特定非営利活動法人藤沢市市民活動推進連絡会が協働で運営している「ウェブ上で市民が市政について意見交換できる場」=「会議室」を運営。インターネットを活用した新しい市民提案制度の構築と、ネットワーク上のコミュニティ形成を目指しています。どなたでも発言できますが、発言には登録が必要です。

当日の様子

概要

1日目
2013年9月28日(土) 10:00~17:00
2日目
2013年9月29日(日) 10:00~17:00
会場
藤沢駅北口サンパール広場 ビックカメラ付近
主催
藤沢市市民活動推進センター
運営
藤沢市市民活動推進センターサポートクラブ イベントサポートチーム
協力
藤沢市市民活動推進センターサポートクラブ ITサポートチーム
協力
藤沢市市民活動推進センターサポートクラブ ワークサポートチーム
協力
藤沢市市民電子会議室サポートクラブ「でんえん☆サポーターズ」

実施内容

ニューズレター号外

関連