NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

チラシ大賞2012【カラー&単色両部門】入選作品発表!

チラシ大賞

2012年度チラシ大賞は、応募総数113作品(内、カラー部門45作品、単色部門58作品)のうち、カラー部門7作品、単色部門6作品、計13作品を入賞作品として選ばせて頂きました。

また、今年のチラシ大賞は今までと違い、グランプリ、準グランプリ、特別賞などのように賞に順位をつけず、それぞれの入賞作品にふさわしい賞をお贈りしました。

各賞の発表では賞の名前に笑いが起きる場面もあり、各作品に対してなぜ、その賞にえらばれたのか、という解説が入りました。単にデザイン性の高いチラシではなく、「伝えること」がわかりやすく描かれているか、が今回の争点となり、例年に増してレベルの高いチラシ大賞となりました。


総評(代表審査員 塚本正樹氏)

総評

毎年、団体の皆様がチラシを一生懸命作られている中で、今年はかなり5W2Hのポイントを抑えた形のチラシになっていました。そこで従来のようにグランプリ、準グランプリという概念で選ぶのではなく、皆様の想いを言葉に表して賞にしたらいいのではないかということで、このような賞になりました。皆さんの熱い思い、市民活動にかける情熱がチラシに表れていて、今年も非常に素晴らしいチラシ大賞になったと思います。

チラシを作る時のポイントとしては、「何をつたえるのか」というのが明確であれば、そこから自然とポイントが分かってきます。ある意味理屈ではありますが、精神論的なところもあります。そのあたりがチラシのおもしろさであり、難しいところでもあると思います。

各賞概要

カラー部門 心を掴むで賞
アート・ビーンズ・ファクトリー
キャッチコピー「アートは障がいをこえる」とビジュアルがマッチしていて、見ている人の心を掴む力がある。
カラー部門 優しいで賞
旧モーガン邸を守る会
色使い、写真の雰囲気などに優しさがにじみ出ている。
カラー部門 わかりやすいで賞
ふじさわ傾聴連絡会
非常にシンプルだが、分かりやすく内容がまとまっている。文字のバランスに強弱をつけている。
カラー部門 アイディアで賞
ALサインプロジェクト
色使い、内容等、プロに近い。下部に切り取り線が入り、カードのようなデザインがされていて、アイディア豊富。
カラー部門 直球で賞
湘南ふじさわシニアネット
内容をそのままシンプルに表している。実例が裏面にたくさん載っていて、頼む人がイメージしやすい。
カラー部門 直球で賞
首都圏マンション管理士会神奈川支部
「無料相談会」という内容や目的がはっきりしている。バランスが取れている。
カラー部門 ユニークで賞
ぷれいす
インパクトがあり、テキストのバランスが崩れているように見えるが、色使い、写真の配置など、きれいにまとめている。
単色部門 熱いで賞
やまびこ
ポイントをカラーにしてまとめて、すっきり仕上げている。内容もかなり練って議論しているのだろうと予想される。
単色部門 もう一歩で賞
箏の会
シンプルできれいにまとまっている。曜日を後から手書きで入れている点は残念。もう少し工夫をすれば、よりよくなる。
単色部門 まとまっているで賞
湘南混声合唱団
タイトル、内容、文字のバランスがきれい。枠のイラストが五線譜で、音符やイラストが入っており、作り込まれている。
単色部門 わかってるで賞
生活総合研究会
内容が練られていてバランスもいい。問合せが欲しい、というのがわかりやすい。紙の色の選び方を含めプロの領域。
単色部門 湘南で賞
藤沢合唱団
ピアノのイラストで囲われていてユニーク。湘南らしい海のイラストと地図が見やすいなど工夫されている。
単色部門 親切で賞
湘南TA研究会
シンプルな作りだが、申込の部分が書き込みやすい。日にちも○をつけるだけと、参加を呼び掛けるという意味で双方向性があり、コミュニケーションを考えている。

関連