NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

実施報告:NPOマネジメント講座 「必要な資金と予算」

2011年6月25日(土)初級編「よくわかる!団体の運営」と題したシリーズの第2回「必要な資金と予算」を実施しました。

今回は、団体の活動を続けていく上で不可欠な【資金について】考えました。

要約は以下のとおりです。

講義要約

前回に引き続き受講されている方に、「NPOとは?」の質問から始まりました。組織体に必要なお金を考える時に、営利企業とNPOではどう違うのか?

公益のために組織化された民間の、利潤を分配しない、自発的で自主管理されている団体にとって、活動の継続を支えるためには、「気持ちの動きとお金の動き」両輪で考える必要があります。

収入と支出の差額である利益を再分配ができないNPOも使命の実現のためには利益を上げ、そのために、計画的に事業を継続し、仲間を増やして規模を拡大するなど組織を成長させることも必要です。利益部分は、次の活動のための内部留保、サービス向上に向けた内部投資に使う訳です。「ありたい姿」を明確にし、【共感】を合言葉に廻りを巻き込みながらの先を見越した活動が大切です。

資金の調達には、使い道の自由度が高く、安定して継続的な会費・寄付や事業収入があります。それとは別に、使い方にしばりのある補助金や助成金も計画に基づいて特徴を考慮し、ポイントを押さえて申請を考えること。資金の性格を知り、収入の見込みの算出をすることをやってみること。

支出については、初期の必要経費、事業の経常的な必要経費など、〈やりたいことに係る費用〉を想定して、【活動継続のかなめとささえ】それぞれに資金が動くことを確認しましょう。

活動を継続することで信頼が得られ、チームの総意でありたい姿を求めるNPOは【共感】のキーワードの下、経営資源を活かすマネジメントが求められる。

ここまで

当日の様子

NPOマネジメント講座「必要な資金と予算」:当日の様子1 NPOマネジメント講座「必要な資金と予算」:当日の様子2

開催概要

日時
2011年6月25日(土) 14:00~16:00
会場
藤沢市市民活動推進センター 会議室A
講師
手塚 明美氏(藤沢市市民活動推進センター所長)
参加人数
8名

アンケート(19名、一部抜粋)

この講座を何で知りましたか。

受講された動機を教えて下さい。

受講していかがでしたか。

どの程度理解できましたか。

受講内容は、活動に役立ちますか。

ご意見等ございましたら、ご記入ください。

受講者からの評価(5点満点で評価、未記入は除外)

受講していかがでしたか(満足---不満)
4.20点
どの程度理解できましたか(できた---できない)
4.00点
受講内容は、活動に役立ちますか(役立つ---役立たない)
4.00点

関連