NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

東日本大震災の災害支援

[2011/06/19]藤沢市の取り組みを追加しました。

被災地に赴いてボランティアをしたいと希望される方や、衣類等の寄付を希望される方からのご連絡を複数頂いております。

現時点における、災害ボランティアに関する収集情報を掲載します。

藤沢市の取り組み

[2011/6/19追記]「東日本大震災ボランティアバス参加者募集」被災地の人とNPO藤沢災害救援ボランティアネットワーク(FSVネット)と藤沢市が協働で「いやな臭いとり除き隊」を募集しています。6月20日(月)午前9時より先着順で30名。
「東日本大震災ボランティアバス参加者募集

[2011/5/22追記]「藤沢市自立型復興支援プラン」第1期の募集が5月23日より開始されます。
「藤沢市自立型復興支援プラン」第1期(5月23日~6月7日)募集について

[2011/3/31追記]広報ふじさわ臨時号(2011年3月31日発行)に救援物資についての詳細が掲載されています。市役所のホームページからも見ることができます。
広報ふじさわ臨時号(2011年3月31日発行)

[2011/3/30追記]被災者を支援するため、県・市連携により、4月1日から3日間、市民からの救援物資の受け入れを実施します。

また、石名坂温水プールに避難所を開設し、被災者の受け入れを開始しています。

災害支援情報サイト

当センターが信頼がおける情報を提供していると判断したサイトを一覧でご紹介します。情報収集の一助となれば幸いです。

松下政経塾へのボランティア派遣

「3.11支援プロジェクト」の一環として、ボランティア派遣を行いました。3月28日・29日、清流高校の学生6名がボランティアとして参加。多くのボランティア参加者と共に、毛布、衣類、生活用品等の物資の仕分けを行い、大船渡・陸前高田・名取・大槌町の各市に送られました。

(独)防災科学技術研究所の取り組み

被災地での災害情報ボランティアを募集しています。

神奈川県の取り組み

神奈川県では、被災者の受け入れや救援物資の提供、被災地への専門家の派遣等、様々な支援を行っています。

その他の物資の募集などについて

様々な団体が被災地への支援を開始しています。

松下政経塾では震災被災地へ搬送する救援物資の募集を行っております。

また、日本経済団体連合会(経団連)の1%クラブを通じて各企業に支援を呼び掛けています。

神奈川県災害救援ボランティア支援センターの取り組み

かながわ県民活動サポートセンター内に「神奈川県災害救援ボランティアセンター」を立ち上げ、既に、現地調査派遣を行い、調整に入っています。現地入りをお考えの方は、すぐには行動せず、今後、神奈川県災害救援ボランティア支援センターからの情報提供等を待って行動してください。

現地ボランティアについて

現地入りをお考えの方は、すぐには行動せず、今後、神奈川県災害救援ボランティア支援センターからの情報提供等を待って行動してください。未だ現地にボランティアセンターが立ちあがっていない状況なので、ボランティアの派遣はもう少し先になる見込みです。現地への立ち入りも困難な地域もあり、ボランティアセンターの立ち上げには2~3週間かかる見通しです。

現地のボランティア活動は、避難所でのサポートのほか、今後仮設住宅に住まう方々への支援も長期的に必要となります。今すぐに現地に行きたいと思われる方々におかれましては、もう少しお待ちいただき、長期的に支援に関わることをお願い致します。

日本語が不自由な方への情報提供

日本語が不自由な方へお伝え下さい。いくつかの機関、NPO等が多言語で地震情報、避難情報を発信しています。

その他のボランティア情報入手先