NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

実施報告:第1回ふじさわイーパーツリユースPC寄贈プログラム寄贈式・講習会

2010年2月13日(土)、「第1回ふじさわイーパーツリユースPC寄贈プログラム 寄贈式・講習会」を行いました。

寄贈応募団体は22団体にのぼり、選定には各団体のパソコン必要度並びに将来性を加味し厳正に審査を2010年1月27日に実施し、10台のノートパソコンを9団体に寄贈することを決定しました。寄贈式や講習会の様子は下記をご覧ください。

本プログラムは来年度も実施いたします。詳細が決まり次第、ホームページ等でお知らせいたしますので多数のご応募お待ちしております。

開催概要

日時
2010年2月13日(土) 13:00〜15:00
会場
藤沢市市民活動推進センター 多目的スペース
参加人数
合計21名(寄贈団体関係者14名、運営関係者7名)
寄贈品
ノートパソコン10台(富士通製8台、東芝製2台)、シュレッダー10台
主催
特定非営利活動法人イーパーツ特定非営利活動法人藤沢市市民活動推進連絡会
協力
特定非営利活動法人湘南ふじさわシニアネット

当日の様子

開会後、藤沢市市民活動推進センターのセンター長手塚より本事業の意義や団体選考のプロセスの説明と伴に、22団体、35台の寄贈申請を受理し、選考会内容について報告しました。

続く寄贈式では申請受付順に寄贈パソコンや目録等をお渡ししました。それを受けて、各団体の出席者から、団体の活動内容と、今回寄贈されたノートパソコンの活用方法を発表していただきました。活用方法は様々で、パワーポイントを導入し、プレゼンテーションなどの練習に活かしたいという団体や、事務所にパソコンが置けるようになり活動の幅が広がるといった団体、会員名簿を作成して事務処理を楽にしたいという団体など多種多様な活用方法がアピールされました。


実施報告:第1回ふじさわイーパーツリユースPC寄贈プログラム寄贈式・講習会:講座の様子1 実施報告:第1回ふじさわイーパーツリユースPC寄贈プログラム寄贈式・講習会:講座の様子2

寄贈パソコンについて、共催団体である特定非営利活動法人イーパーツ常務理事・事務局長の会田 和弘氏に説明していただきました。このパソコンは軽度、重度自閉症や障がい者の方々がメンテナンスを行いパソコンを直す事業を実施していることを、実際にメンテナンス作業を行っている動画を交えて説明しました。「リユースではあるが、こういった流れを通して皆さんにお渡ししています。長い目で使っていただけたら嬉しいです。」とおっしゃっていました。

そして、いよいよ団体の皆様が、パソコンを起動してWindows XPの認証作業、ウイルス対策ソフトのインストールを団体の方々に行っていただく作業に入りました。また、インターネットの危険性を伝える動画を推進センターのスタッフである山本がプロジェクターを操作しながら説明を行いました。

最後に手塚より「活用方法を聞くことができ、少しでもお役に立てたかなと思います。これを機会に寄贈団体の皆さん同士での繋がり、またイーパーツとの繋がりなど、どんどん繋がりを広めていただければ幸いです。」と伝え終了しました。


実施報告:第1回ふじさわイーパーツリユースPC寄贈プログラム寄贈式・講習会:講座の様子3 実施報告:第1回ふじさわイーパーツリユースPC寄贈プログラム寄贈式・講習会:講座の様子4

会田氏の話の中で、「このパソコンは様々な方の協力によって再生しています。」というお話がありました。その話を受け、寄贈団体の皆さんは寄贈された「喜び」とともに、大切に、また有効に使うという「責任」も実感しているように見受けられました。来年度も本プログラムを行い、非営利団体の情報化支援と交流の促進を進めたいと思います。

パソコン寄贈団体(申し込み順、カッコは寄贈台数)

シュレッダー寄贈団体(申し込み順)

※ シュレッダー10台の内、パソコン寄贈団体に希望を伺ったところ6団体が希望しました。その後、残りの4台を寄贈対象外の団体に申請順に連絡をしました。

関連