NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

実施報告:第2回NPO交流サロン 地域の防災

2009年5月9日(土)、「第2回NPO交流サロン 地域の防災」を開催しました。

参加人数は23名と、前回の25名とほぼ同じ人数で、安定した参加人数を記録しており、NPO交流サロンが認知されていると感じています。また「ふじさわ団塊塾」のみなさまの手際の良い司会進行で、前回以上に盛り上がりました。

今回も前回と同じく推進センター内の多目的スペースを利用しましたが、前回の反省を活かしてレイアウトを変更し、スペースを拡張して対応しました。今後は会議室を使用することも視野に入れ、検討をしていきたいと思います。

サロンは参加者の皆さんが積極的に発表団体に質問しているのが印象的で、今回のテーマ「地域の防災」の関心が高い事が伝わってきました。

この「NPO交流サロン」は参加者と市民活動団体との交流はもちろん、市民活動団体同士の意見交換や問題共有も目的としています。今回発表していただいた「藤沢災害救援ボランティアネットワーク」、「片瀬山防災会」の両団体も活動場所こそ違いますが、想いや意識の共有が達成できたのではないでしょうか。

当日の様子

  

開催概要

日時
2009年5月9日(土) 14:00〜16:00
会場
藤沢市市民活動推進センター 多目的スペース(2スペースを結合)
参加費
無料
参加人数
23名
協力
ふじさわ団塊塾(藤沢市市民活動推進センターサポートクラブ)

ゲスト

藤沢災害救援ボランティアネットワーク(FSV)

災害時に救援活動をするボランティアに対して、他の地域ボランティアとネットワークを介して連携を図り、互いに助け合う市民社会を形成して、災害時において効果的な活動ができる体制づくりを目指しています。

片瀬山防災会

1995年の阪神淡路大震災の凄まじさ、その9年後の中越地震を契機として、 必ずくるであろう大地震に備えて、3年前から1600世帯からなる住宅街で自治会と連携して独自の防災体制づくりをすすめています。

アンケート−参加者(一部抜粋)

このサロンを何で知りましたか

参加された動機を教えて下さい

このサロンに関してのご意見・ご感想

今後、参加したいテーマはありますか。

参加者からの評価(5点満点で評価、未記入は除外)

参加していかがでしたか(満足---不満)
4.44点

関連