NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

推進センター指定管理者候補者が選定されました

9月6日、藤沢市市民活動推進センターの次期指定管理者候補が公表されました。詳細は、以下の通りです。

なお、このページは藤沢市市民活動推進センターが、藤沢市の公表資料をもとに独自に作成したもので、藤沢市の公式見解ではありません。公式情報は、藤沢市ホームページ「藤沢市市民活動推進センター」をご覧ください。

指定管理者候補者

特定非営利活動法人 藤沢市市民活動推進連絡会

指定予定期間

2008年(平成20年)4月1日から2013年(平成25年)3月31日まで

選定経過

藤沢市市民活動推進センターの指定管理者選定にあたっては、2団体の応募がありました。藤沢市市民活動推進センター指定管理者選定委員会において書類審査及び公開プレゼンテーションによる審査が実施され、応募団体の概要、事業提案、収支予算等について審査基準に基づき総合的な評価・選考を行われた結果、上記候補者が候補者第1順位として選定されました。

指定管理者の指定について

指定管理者については、今後、市議会(平成19年12月定例会)の議決を経て、指定管理者として指定されることになります。

評価結果

評価項目配点(特非)藤沢市
市民活動
推進連絡会
A団体
基本的な考え方403535
平等かつ公平な利用の確保403530
効用の発揮・経費縮減403128
物的能力・人的能力403332
活動実績・組織基盤403231
計画内容及び実施体制403331
適正な予算計画403127
市民サービスの向上403230
合計320262244
順位12

評価項目

藤沢市ホームページ「藤沢市市民活動推進センター」の審査基準表より作成しました。

1.基本的な考え方

市民活動に関する基本的な考え方が、推進センターの趣旨に合致し、さらに機能の充実を目指していること。

2.平等かつ公平な利用の確保

推進センターの管理運営を行うに当たり、利用者の平等かつ公平な利用を確保することができる団体であること。

3.効用発揮・経費削減

事業計画書の内容により、当該管理運営を行う推進センターの効用を最大限に発揮させることができ、かつ、その管理に係る経費の縮減を図ることができると認められる団体であること。

4.物的能力・人的能力

事業計画書の内容に沿つた推進センターの管理運営を安定して行うことができる物的能力及び人的能力を有している団体であること。

5.活動実績・組織基盤

団体の活動実績や組織基盤が次に掲げる要件を満たすことができる団体であること。

  1. 藤沢のまちや市民活動のことをよく知っていること。
  2. 推進センターを運営するに当たり、団体独自のビジョンを持って活動しており、市民活動団体の自立化を支援できること。

6.計画内容及び実施体制

次に掲げる業務について、計画内容及び実施体制が充実したものであること。

  1. 情報の収集と提供・発信に関すること。
  2. 学習機会提供及び市民活動団体交流機会提供に関すること。
  3. 幅広い個人や団体の力を結集するしくみの構築に関する計画(高次機能充実に向けた企画)に関すること。

7.適正な予算計画

予算計画が仕様書に基づき、所定の予算枠の中で、適切な配分になっていること。

8.市民サービスの向上

提案された事業内容に新たな提案や、市民サービスの向上につながる提案があり、かつ、その計画内容や実施体制が適正であること。

参考リンク