NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

センターのメールマガジンは2003年12月14日に第1号を発行しました。
発行部数は114部。現在は1500部近くなので、15倍近くになったことになる。

そのすべてに目を通してきた、藤沢市市民活動推進センターの手塚センター長にお話をききました。
2回にわけて、その内容をお伝えします。


Vol.1 手塚センター長(前編)
「ホームページは開くもの、メールは届くもの」


―メールマガジンを始めた当初の狙いは?

機関紙や新聞などの『紙媒体』は見る人が限られています。
というのは、「いきわたる数が少ない」「量を増やすと、費用がかかる」といった面があるからです。

その点、『電子媒体』は、「低価格、低予算で、広域に発信ができる」と考えています。
予算面から考えても、今後、NPOの活動を普及していくためには、電子媒体を使うことが必須でしょう。

当時、メールマガジンというスキーム自体は普及していたこともあり、ためしに当センターでも、ということで始めました。

良くホームページ、メールが例に出ますが、大きな違いとして、情報の受け取り方に差があります。

ホームページは自分から開かないといけないが、メールは待っていても向こうから届くもの。

チラシなどの文化が続いている面からも、来たものを受け取る能力は日本人にはあるのではないでしょうか。


―NPO業界 / 中間支援組織 ではどうだったか?

当時、アリスセンターさんのメールマガジンを購読していました。
まだ周辺の中間支援組織等では、取り組んでいたところが少なかったと記憶しています。

始めたら、外部から「そんなことはじめたんですね」と言われた記憶があるので。
逆に当時のセンターのWeb担当者には「当たり前です」と言われました。

Web業界では当たり前のものも、この業界では普及していないことが多くあります。
NPOで活動している人たちの年齢層が高く、中間支援組織の運営側も年齢層が高い状態でした。

そういった背景から、発想が「電子媒体」にいかなかったのではないかと思います。

中間支援組織の運営スタイルによっても違いはありました。

「民設民営」スタイルでは、場所ありきではないため、情報発信という面に力をいれており早くから始めていました。

「公設民営」スタイルでは、場所ありきで始めているため、館のサービス面から力をいれていくことで、発信のプライオリティが低くなりがちです。


→Vol. 2 【後編】 へ続く(近日公開予定)

センターのメールマガジン担当の桜井です。

藤沢市市民活動推進センターメールマガジン、先日200号を発行することが出来ました。
購読して下さる皆様、情報提供をしてくださる皆様、また発行に関わるスタッフ、たくさんの方の協力があっての達成です。この場をかりて、御礼申し上げます。

さて、せっかくの機会であるので、200号記念企画!として、

「メールマガジンいまむかし ~メルマガからNPOの情報発信を考える~」

を始めたいと思います。

「メールマガジン」に関わりのあるスタッフに、現担当者がインタビューします。
毎回違うスタッフから話を聞くことで、いろいろな立場から、いままでの振り返り、かつ、今後のメールマガジンという媒体、NPOの情報発信について、考えていくことに繋がればと考えています。

情報発信は団体の活動には欠かせないもの。
当団体の情報発信に対する考えや実態を伝えることで、何らかのお役にたてば、と思っています。

第1弾は、メールマガジンの編集長であり、当センターを切り盛りする事はや10年になる手塚明美センター長です。

8年間、発行前のメールマガジンを欠かさずチェックし続けてきた、センター長ならではの意見や、当時と現在の違いなど、お聞きしました。

そんな Vol.1 はこちら

地震により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。
また、勇気ある行動で、復興に全力を尽くしている方に深く深く感謝致します。

計画停電が実施され、月明かりの夜を経験しました。
戦後生まれの身として、このような経験は無く、11日は帰宅難民となった娘を迎えに懐中電灯を持って藤沢駅まで歩きました。
月の光の案内による帰り道、「明るい夜を迎えることのできるよう、頑張らなきゃね」とひとり言のように言ってくれました。

この未曾有の災害を力を合わせて乗り越えましょう。
できることを、できるときに。

 この度の東北地方での災害に関し、さまざまな状況が報告され、大変心の痛む毎日が続いています。何かできることはないかと思案し、過去の災害支援の経験とネットワークを活かし、初期支援は募金の募集をすることに致しました。以下、ご案内となります。ご協力よろしくお願いいたします。 
藤沢市市民活動推進センター長 手塚明美 


 市民の皆様に、」\\沖地震への緊急支援のお願いを致します。
 2011年3月13日より、以下の連携組織を通じた、現地の災害復旧支援のための緊急募金受付を開始しました。

「特定非営利活動法人 日本NPOセンター」NPO全国フォーラムの開催等、全国のNPO支援組織との関係と、企業・社会福祉協議会・NPO・共同募金会が協働するネットワーク組織である「災害ボランティア活動支援プロジェクト会議」との密接な関係を持っています。
「特定非営利活動法人 藤沢災害救援ボランティアネットワーク」2004年、2007年の新潟県中越地震の際、現地に入った復興支援の実績を持っています。
・「特定非営利活動法人 いのちのミュージアム だれかさんのための貯金箱プロジェクト」
かながわ県民活動サポートセンターとともに、新しい寄付の仕組みを構築し、モデル事業を実施しています。

◇寄付金受付先
 ・藤沢市市民活動推進センター寄付受付窓口及び募金箱
 ・郵便振替による払込  
   口座記号 00230-9
   口座番号   41774(右寄せ記入)
   加入者名 藤沢市市民活動推進連絡会
  ※通信欄に、「災害支援」等、災害への支援と解る記載をお願いします。
  ※ご依頼人の「おところ」と「おなまえ」を必ずご記入ください。
  ※払込用紙は、郵便局で入手できます。推進センターでも配布しています。

◇寄付金取りまとめ事務局:特定非営利活動法人藤沢市市民活動推進連絡会
               3.11支援プロジェクト事務局
  〒251-0052藤沢市藤沢1031-1-107 0466-54-4510 担当 手塚明美

皆さまよりお寄せいただきました寄付金は、当会理事会及び、上掲の連携組織と協議の上、現地への有効な支援に活用させていただきます。ご協力の程、よろしくお願いいたします。
 特定非営利活動法人 藤沢市市民活動推進連絡会 理事長 小泉勝彦

2010年10月31日10:00~18:00という長い研修会が平塚でありました。

マイクロソフト社は、NPOの運営体制へのバックアップに力を注いできましたが、本年度は神奈川県と手を組み、NPO経営テクニックの普及に向け研修会を開いています。

本日は、平塚市市民活動センターにおいて、「会議運営」「PR文書の作成」「オンラインによる情報発信」の研修でした。
2010103117030000.jpg
まる1日の研修はさすがにちょっと辛いものがありましたが、最後の交流会までなんとかたどり着きました。

今後、いただいた道具を皆様に伝えるための機会を作っていきます。どうぞ、受け取ってください。藤沢のセンターの研修がパワーアップします。

さて、このプログラムはあと3コマあります。12月11日には相模原で開催します。興味のある方は是非参加ください。そして使える道具を仕入れましょう。

sakana2.jpg


10月18日月曜日 曇り時々晴れ
 気温だいたい20度くらい

登録団体の方の大好きなことのお写真を見せていただきました。

いつも忙しそうに印刷や書類作成をなさっていた方とは思えないほどの笑顔で写っています。
 
 

oze8.jpg


 もう一枚は、気持ちが洗われるような景色です。秋の深まりを感じますね。
 市民活動以外にも大好きなことあったらちょっとだけ時間を譲ってみませんか。

9月に入りとても暑い日が続いていましたが、このところ涼しくどころか寒く感じる時間さえあるようになりました。

 7月の事業仕分けから2ヶ月が過ぎ仕分けの報告が出てきています。
藤沢市のホームページには下記の情報が8月11日付けでアップされています。その後、何か動きがあるのかと思っていましたが、既に過去の事案化してきていますので、一応報告します。

平成22年度「藤沢市事業仕分け」結果速報!及び仕分け人コメント入りの結果
 
 藤沢市としては、この仕分けの結果を参考として、藤沢市の状況を総合的に判断し、今後の方向性を決定してゆくそうですが、その方向性は議会の終了を待たないと出ないようです。

 さて、話は変わって、第1回目の提案募集(一般事業提案)が、2010年7月12日(月)~8月23日(月)の間行われました。
 対象事業は藤沢市が行う全ての事務事業ということで、800事業に上るそうです。
 締め切り後結果的には、提出された提案件数は、事業実施提案:42件・アイデアのみの提案:4件でした。
 なんか藤沢市のホームページの報告丸写しの感がしますが、なんともコメントしずらい制度ですね。『市民と取り組む公共経営を掲げ、「民間にできることは民間に」の考えのもと、行政と市民・市民ボランティア・NPO・大学・企業等とのパートナーシップによる新しい公共づくり』を目指しているとのことです。
 個人的には、このページの資料は結構読み応えがあり、藤沢市の事業に興味のある方は時間のあるときにゆっくりご覧くださいませ。

 明日28日は火曜日でセンターはお休みです。が、スタッフミーティングがあります。下半期の事業が活発になってきていますので、今後の情報は要チェックです。

7月17日、18日の2日間にわたって藤沢市の事業仕分けが行われました。

不肖筆者も18日は仕分け人の一人として参加しました。

終了した今、個人としての率直な感想は、「参加させていただいて良かった。」です。

それぞれがそれぞれの立場で意見や気持ちを伝える場はそれほど多くないのですが、皆さん意見を含めてはっきりと発言している姿にある種の感動を覚えたからです。

仕分けされている側の職員さんはとてもドキドキされたのでしょうが、仕分けする側の市民委員もそれはドキドキしていましたし、コメントを求められていた市民評価委員の方も緊張されていたと言っていました。

仕分けの結果が即今後の事業体制に反映されるのではなく、11月ころを目途に方針の決めていくようです。

仕分けの議論で、いつも話題に上ったのは、公民連携や新しい公共の考え方に基づく、市民の意見の取り入れ方や、情報公開の必要性でした。藤沢市でも、地区内自治(地域経営者会議?)の進攻や、事業者も含めた市民の協力体制なしでは、身動きできない時代に入ったようです。そして、そこに議論を持っていくためには、戦略的になったとしても持てる情報を開示、公開していくことが求められていると痛感しました。

個人的な感想はさておいて、今後ホームページや広報等で発表されるであろう結果をご覧ください。

最後になりますが、素人仕分け人を上手にファシリテートして下さったプロ仕分け人の方に感謝いたします。以上報告まで。

 

 

2010年5月26日防災センター6階会議室で、「藤沢市相互提案型協働モデル事業」の2009年度に実施された事業報告会が開かれた。10の事例を次々報告されたのだが、それぞれ工夫を凝らした事業展開で、事業そのものは効果も成果も費用に対して充分な結果を出していると感じた。

が、しかし、協働というよりも下請け仕事的な感じがしたのは私だけだろうか。
特に行政提案の事例の中には、NPOに作業をお任せ状態のものがあった。
逆にNPO提案で実施した事業は、行政の役割は見つけるのも大変なくらい範囲の狭いものが見られた。

新総合計画の基本構想には、「協働・共創」を、「それぞれの主体が対等の立場で知恵を出し合い、役割を分担し、または協力しながら公共的なサービスをになったり、新たなサービスや価値をつくりだしていくこと。」と注釈入りで説明している。

今後の取組は、明日5月28日同じく防災センター6階会議室で説明会が開かれる予定。興味のある方は参加しましょう。

4月1日はエイプリルフールなので嘘をついても笑って許してくれた時代があった。
子ども心に用心しなくてはと親の言動に神経を使った覚えがある。
日中の母の言葉には決してだまされなかったのだが、夕刻に帰宅した父のお土産にころっとだまされ、大笑いされたことを思い出した。
その父も85歳となり、外出することもままならないと聞き、これがエイプリルフールの罪の無い嘘であったらと、ふと思ってしまった。もう少し暖かくなったら、温泉にでも誘ってみようかな。今日ではなく明日電話してみます。