藤沢市市民活動推進センター支援情報データベース

70790 日本国際センターティファニー財団賞

情報登録日:2013年2月21日

概要

日本の伝統文化の振興と地域社会の活性化に功績のある団体に対して毎年1回顕彰を行い、各地域において民間レベルで行われている活動の全国的な認知を広げることを目的としたプログラムです

受付開始日
2013年2月18日
申込締切日
2013年4月1日
対象地域
全国
活動分野
学術・文化・芸術・スポーツ まちづくり 
詳細URL
http://www.jcie.or.jp/japan/cn/tiffany/

お問合せ

助成団体
公)日本国際交流センター
住所
〒106-0047 東京都港区南麻布4 丁目9-17
TEL
03-3446-7781
FAX
03-3443-7580
E-mail
tiffany@jcie.or.jp
URL
http://www.jcie.or.jp/japan/index.html

詳細

助成金額
ティファニー製トロフィーと賞金200万円が贈呈
対象事業
(1)地域の伝統文化を現代社会の営みにマッチさせ、地域文化を核として広く市民を巻き込んだ活動となっている事業(2)地域社会に昔からあった活動を再活性化することにより、地域の誇りを取り戻し、地域の活性化に寄与している事業(3)伝統文化をテーマに国内外と交流することで開かれた地域づくり、地域社会の活性化に役立てている事業 ここでの伝統文化とは 歴史の中で世代をこえて受け継がれている慣習、芸能、産業などを意味する。茶道・華道に代表されるような狭義の伝統文化だけではなく、歴史的な深みをもち、人々の暮らしに根づいているさまざまな地域の活動、生活様式全般を指す。
対象団体
ア 個人ではなく組織であること。(法人格の有無を問わない)イ 将来にわたり活動を続けていく意思を持っていること。ウ 営利の追求を主たる目的としていないこと。エ 原則として活動の開始から5年以上継続して活動していること。
備考
選考基準ア 地域文化 地域の伝統に根ざした活動や文化を核に現代社会にふさわしい活動としてコミュニティの活性化に結び付けている。イ 視覚的芸術性 視覚的芸術性に優れており美的な要素に富んでいる。ウ 自立発展 幅広く財源の確保に努め、担い手の広がりが見られる。エ クロスセクター 行政、企業、市民など、特定のセクターの枠をこえて幅広く支持を得ている。オ 波及性 単一の地域社会を超えた影響力を持ち、それが普遍的なモデルになりうる。■ 選考方法事務局での一次選考の後、(公財)日本国際交流センターが委嘱する以下の4名の有識者による選考委員会を開催し、受賞団体を決定します。選考委員会 (敬称略)委員長 南條史生  森美術館館長委員 (50音順) 隈研吾  建築家、東京大学教授 田中優子  法政大学教授 日比野克彦  アーティスト、東京藝術大学教授■ 結果発表・授賞式2013年9月頃に結果の通知をいたします。 授賞式は2013年10月頃に東京での開催を予定しています。

このデータベースは、藤沢市市民活動推進センターがピックアップしたNPO支援情報を掲載しています。

情報の登録・変更・削除等のお問い合わせは、藤沢市市民活動推進センターまでお願いします。

戻る