NPO café - 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

はじめてのボランティア(解説)

ボランティアの定義

ボランティアの基本理念(原則・性格・特質などとも言われる)

  1. 「自主性・主体性」・・・やってみようという気持ち、自分からすすんで行動する。
  2. 「無償性・無給性」・・・金銭的な見返りを目的としない。精神的な報酬。
  3. 「社会性・連帯性」・・・社会の課題を発見し、一人ひとりが考え、力を合わせて行動
  4. 「創造性・先駆性」・・・従来の考え方にとらわれず、自由な発想やアイデアを活かす。

ボランティアのマナー・心得

  1. あいさつを大切に
  2. 約束やルールを守りましょう
  3. 私語を慎みましょう
  4. 相手の立場を尊重しましょう
  5. 学ぶ姿勢を大切に
  6. わからないことは聞きましょう(勝手な判断をしない)
  7. 気付いたことは提案してみましょう
  8. 守秘義務が生じることも
  9. 無理なく、継続できる計画を
  10. ボランティア保険に加入しましょう

参考

ボランティア活動の分野あれこれ

時間のないあなたにできるボランティア活動

募金(ドネーション)する!

定期的に行われている募金活動

賛助会員や定期刊行物などの購読者になる!

活動に賛同する特定の団体がある場合、募金よりもう一歩「参加」に近い形として、市民活動団体などの賛助会員*や団体が発行する新聞などの購読会員等になる方法があります。会費はそのグループや団体が活動を維持したり、新たな活動の企画を立ち上げたりする際の重要な財源になります。また賛助会員や講読会員になると、定期的に報告や刊行物が各団体から届けられるため、活動の様子や発展をタイムリーに把握していくことができます。

*賛助会員とは、団体が規定する年会費を払う「会員」ですが、運営方針などを決める会議には参加しないことを前提とした会員です。(賛助会員という区分を設けていない団体もあります。)

団体が販売する作品や商品を買う!

団体が作ったり売ったりしている作品・商品を購入するというのも、気軽に出来る協力・支援方法です。例えば、ユネスコのポストカードやWWF(世界自然保護基金)のパンダマーク商品はとても有名ですね。

地域では、地域の障碍者施設・福祉施設等が自分たちで作った野菜やパン・お菓子、アクセサリーなどを販売するお店が増えています。価格は一般より多少高目かもしれませんが、オリジナリティーと安全性に富んだ商品です。また、ホームページなどで商品を通信販売している団体、売り上げを途上国等に寄付することを目的とした団体のリサイクルショップ、福祉バザーやチャリティーコンサートなどもあります。このような作品・商品を購入していただくことは、団体にとって資金的な援助になるだけでなく、作品や商品が売れるという喜びや多くの人に支えられているというダイレクトな実感につながり、実は精神的な支援にもなるのです。

金融機関のボランティア預貯金口座を開設する!

近年の市民活動やボランティア活動の高まりを受けて、預貯金の利子・利息の一部を市民活動団体等に寄付する預貯金プログラムを設ける金融機関が増えてきました。金融機関によって若干の違いはありますが、利子・利息の半額程度を自動的に寄付するという内容で、寄付先があらかじめ決まっているもの、助成金として年に一回程度公募して寄付先を決めるものが大半です。一度申し込むと口座を解約しない限り継続できるので、面倒くさがりやの方にはお勧めです。

《主なボランティア預貯金プログラム》

物品を寄付する!クーポンや切手・カードなどを集める!

団体によっては、パソコンや衣類などを海外の子どもたちに送る、日用品などを集めて換金して寄付する、などを活動の中心にしています。あるいは、資金不足から団体の事務所などの備品を揃えられない市民活動団体も多数あります。このような団体には、たとえば電化製品や日常品で、余っているもの、使わないでそのままにしているものを寄付することがよろこばれることがあります。また、ベルマークやロータスクーポンなどのクーポン類や、使用済み切手・プリペイドカードなどを集めて所定の支援機関等に送るという寄付・支援方法もあります。

なお、物品を寄付するときには、まず使えるか、汚れていないかを確認のうえ、寄付先が決まっていれば、先方に必ず連絡した後にお送り下さい(送料負担についても寄付先と話し合って決めてください)。また、寄付先をさがしている場合、当市民活動推進センターでも情報を扱っておりますので是非ご相談下さい。

《収集ボランティア活動・問合せ先》

戻る