コラム: NPO café – 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

防災の日

 9月1日は「防災の日」です。台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、それらの災害に対処する心構えを準備するためとして、1960年に制定されました。また、1982年からは、9月1日の「防災の日」を含む1週間(8月30日から9月5日まで)が「防災週間」と定められています。

 9月1日は、10万人以上の死者・行方不明者を出した『関東大震災』(1923(大正12)年9月1日発生)に由来しています。気象庁の「気象統計情報」によると、台風の接近・上陸は8月から9月にかけて多く、制定の前年である1959年9月には、5,000人を超える死者・行方不明者を出した『伊勢湾台風(1959年台風15号)』が襲来しました。このことからも、防災について意識を高める時期として設定し、全国各地で防災訓練が開催されます。

 とはいうものの近年は時期を問わず、自然環境の変化や予測できない地殻変動などからの災害が多くなっています。そのため、全国の災害ボランティアネットワークや社会福祉協議会の災害ボランティアセンターによるトレーニングが日常的に実施されるようになりました。

 筆者は、神戸・東北・茨城・熊本と災害現場に入り、西日本では支援のサポートをさせていただきましたが、そこで見たものは住民と市民組織の力強い動きでした。専門性を活かした市民活動をしている皆さんの平時における活動の知恵や工夫、コーディネーション力が発災以後大変重要になっていました。

 内閣府では、昨年『防災における行政のNPO・ボランティア等との連携・協働ガイドブック~三者連携を目指して~』を2018年に作成し、各県市町村への波及を目指しているようです。ここでいう三者とは、「政府・行政(レスキューなど)」と「常設されている防災グループ(社会福祉協議会、災害ボラなど)」と「発災時からの応援グループ(NPO、学校、企業、士業など)」を想定しています。

 どこで何が起こるか、どう影響するのか、発災時のみならず復興への道のりを支援し続けるためにも、日ごろ関係を持っていることへの意識が重要です。この原稿を書いているときも北九州で豪雨との情報が熊本震災の際に生まれた「火の国会議」から連絡を頂いています。できることをできるときに進んで実行するためにも情報の流通ネットワークが必要ですね。

 市民として、地域の防災訓練に参加することも大切です。皆さん、カレンダーにマークしましたか?(て)