コラム: NPO café – 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

「SDGs」ってなに?

2017 年9 月27 日衆議院第一議員会館で開催された『SDGs』学習会に参加しました。登壇者には現職の議員の方もおられ、衆議院の解散が近いといわれている時で、開始までの数十分は何かせわしい雰囲気でした。『SDGs』は、Sustainable Development Goals の略称で、日本では『持続可能な開発目標』と訳されています。
『SDGs』は、2001 年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015 年9 月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030 アジェンダ」に記載された2016 年から2030 年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17 のゴール・169 のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。『SDGs』は発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
学習会では、内閣府の方だけではなく、厚生労働省の方、超党派NPO 議員連盟の議員、民間非営利組織の方々による、現在の取り組みが紹介されました。会場にはNPO や市民活動団体の関係者が100 名以上参集し、取り組みを熱心に聞いていました。『SDGs』と聞くと、企業の取り組みがクローズアップされていますが、そもそも民間非営利組織の社会的な活動は、持続可能な社会を目指していることから、特に意識をしなくてもゴールにつながっているということに気が付きました。皆さんの活動もきっと17 のゴールのどれかに当てはまるのではないかと強く感じました。厚生労働省の方も最後のコメントで、こんなにも多くの事例があるとは思わなかった。参加してよかったと、認識を改める発言も出てきたほどです。


17 のゴールはいずれも、「つづかない」世界を「つづく」世界に「変革」するための目標であり、私達の目標です。貧困など福祉に関する目標1・2・3、不平等に関する目標5・10、経済や産業・生産に関する目標8・9・12、自然環境に関する目標14・15、まちづくりやパートナーシップも目標の一つとなっています。皆さんの活動と重なる目標がありませんか。世界が目指す目標であることを政策提案、財源確保などの提案説明資料に活用できる可能性もありますね。各地でワークショップや説明会が開かれているようです。一度参加してみてはいかがでしょうか。新しい気づきがきっとあるでしょう。(て)