コラム: NPO café – 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

助成金活用7つのポイント

活動が活発になったり、活発にしたいと思ったとき、逆に元気が出ないとき、資金を投入してパワーアップを図るという方法も大変有効です。しかしながら、日本には社会貢献活動への寄付の文化が根付いているとは言い切れないため、資金確保は悩みのタネです。現状、地域や社会の課題解決に向け活動している非営利組織への資金支援制度は、行政や企業系財団等様々なセクターで提供や活用が進んでいます。うまく補助金や助成金を活用して、活動の価値を高め、支援者を増やし、結果として、自己の資金源確保につなぐことができるように、戦略を立てましょう。まずは、『何のための資金』が『いくら』必要なのか計算し、以下のチェックポイントに沿って、検討してみてはいかがでしょうか。

1.補助・助成元の趣旨を理解し、団体の活動目的や活動内容と合致するか。

2.補助・助成対象団体として補助・助成元の要件を満たしているか。

3.一般公募、推薦つき募集、地域限定募集など、応募の条件に合致するか。

4.締め切りは守れるか。申請書以外の必要書類は用意できるか。

5.団体が立てた資金計画と補助・助成元の計画に、活動に影響の出るような違いはないか。

6.選考方法や選考の基準、過去の補助・助成事例を調べ、効果的な申請書が作成できるか。

7.報告書作成、報告会参加など、補助・助成期間後の作業にかかる費用や担当者を確保できるか。

因みに、助成金は、企業や民間の助成団体から提供される資金で、補助金は行政や政府から提供される資金を指します。どちらにしても、団体のミッションと補助・助成元の考えが違っていると、うまく活用はできません。十分に団体内で検討することをお勧めします。直近の助成金情報は、このコラムの上にあります。また、推進センターとプラザ内の掲示、推進センターのHP の「受ける」をのぞいてみてください。まずは小額からトライしてみましょう。(て)