コラム: NPO café – 藤沢市市民活動推進センター

NPO caféは、藤沢市市民活動推進センターに集まるNPOに関するあらゆる情報を提供しています。

義援金(義捐金)or支援金

4月14日以降、熊本・大分両県を中心に大きな地震が続き、多くの方々が被災されました。謹んでお見舞いとお悔やみを申し上げます。

関東地方に住まう身として何かできないかと考えている方は大変多いのではないでしょうか。最も身近で確実に役立てる方法として、寄付をするという方法をとられる方も多いでしょう。東日本大震災のときも寄付を募っていた組織や団体に思いを託し、初めて寄付をしたという方が多く、その後寄付元年といわれました。一言で寄付といっても、義援金(義捐金)と支援金は、それぞれ役割が違うので、その特徴を知ることは、大変重要です。

被災者に直接届ける義援金は、被災者の方々へ応援の気持ちをこめて贈るため、赤十字や赤い羽根共同募金、自治体やテレビ局などのマスメディアが受付をします。被災されたすべての方々に平等に贈ることを前提にしているので、被災状況の把握や配分を検討する必要があり、迅速な対応が難しいといわれています。

被災地の支援を行っている民間の組織や団体を支援するための支援金は、活動団体に直接する場合と、活動団体へ助成する目的で取りまとめる支援組織に支援金を委ねる方法があります。どちらにしても、被災地での救命活動や復旧活動といった初動期の活動にすぐに役立つことが考えられます。日本財団とYAHOO!では、集まった支援金と独自の基金から、既に活動団体に支援金助成を開始しています。

災害復興に向け、応援や支援をする気持ちをどのようなカタチにするのか、できるのか。考える時間は多くないのですが、自分の気持ちを最大に活かすカタチを選択しましょう。(て)